HOME > 相談事例

相続トラブルと相続税不安について

Q 【夫より相談】
再婚したため 前妻と後妻(現在の妻)に子供がいます。後妻の子に自分の財産(不動産含む)を相続させたいのですが、どうすればいいですか?
A 【弁護士、不動産鑑定士、税理士が回答】
不動産を時価または相続税評価額で評価した上で 遺言、生前贈与を提案します 

Q 【相続人代表より相談】
相続財産を均等分割する予定です。不動産も相続取得後に売却する予定ですが、どれくらいの税金が生じるのでしょうか、また分割方法に有利不利ありますか?
A 【不動産鑑定士、税理士が回答】
代償分割と換価分割の試算を 提案します 

Q 【相続人より相談】
相続人は母、兄、私(弟)の3人ですが 兄と税理士の決めた分割案に納得できません。どうすればいいですか?
A 【弁護士、不動産鑑定士、税理士が回答】
相続税評価額から離れて 現金価値による財産評価を行うことを提案します。現金価値により財産評価した上で 法定相続割合により協議してはいかがでしょうか

事業承継と事業再生について

Q 【後継者社長より相談】
赤字会社を承継しました。メインバンクから 連帯保証人となることを求められています。留意する点はありますか?
A 【弁護士、税理士が回答】
決算書から 財務分析と借入分析を行った上で 資金繰り表、経営改善計画書の作成を提案します

Q 【社長、後継者より相談】
会社に過去の未払債務があります。通常の営業活動ではお金が回るのですが、過去の未払債務は完済する余力はありません。倒産するほかありませんか?
A 【弁護士、税理士が回答】
資金繰り表、経営改善計画書の作成した上で 債務者と条件変更の交渉を行うことを提案します

Q 【社長より相談】
10日後の手形が決済できません。倒産するほかありませんか?
A 【弁護士、税理士が回答】
資金繰り表と遅延リスク試算から 支払の優先順位を考えることをお勧めします。メインバンク、メインバンク以外、個人的な人脈など資金調達を試みてはいかがでしょうか




▲ページトップに戻る